シリコーン製IOL

シリコーンは人工心臓のバルブやカテーテルなど多くの医療機器に使用されており、長期埋植に適した素材です。

眼内レンズにおいてもシリコーンレンズは、アクリルレンズに比べてグリスニングやホワイトニングの発生率が少ないと言われています。

当社は、シリコーン製フォールダブル(折り曲げ可能な)レンズの承認を取得し、1989年から日本市場に供給して参りました。2002年には、インジェクター内にレンズが搭載されているプリセット型レンズ(挿入器付後房レンズ)を世界で初めて発売。その後も改良を重ねた製品が、KS-Ni2です。レンズはヒト水晶体の光学特性を備えた「AQ-Ni」を採用。インジェクターは「粘弾性物質注入」+「レンズ送り」の2ステップ方式の、プリセットIOLシステムです。

プリセットIOLシステム® KS-Ni2

操作の簡便性と一層の安定動作を追及

KS-Ni2は、当社のテクノロジーを結集したプリセットIOLシステム®です。インジェクターは、簡便性と安全性を兼ね備えた「Simple 2 Step」方式。初めに粘弾性物質を注入し、あとはロッドを押してレンズを送り込むだけの、簡単な2ステップ操作です。粘弾性物質の注入口をカートリッジ上部に設け、インジェクター操作の簡便性と動作の安定性を従来モデルよりもさらに向上させました。
ヒト水晶体の光学特性を模したレンズ「AQ-Ni」

プリセットしているレンズAQ-Niは薄い着色のシリコーン製非球面レンズです。AQ-Niの屈折率(1.413)とアッベ数(56.7)はヒト水晶体に近く、ヒト水晶体に類似した低反射率と少ない色収差特性を備えています。このため、ハロー、グレア、あるいはコントラスト感度の低下など、発生リスクの低減を期待できます。
またAQ-Niは、薄めの着色によって20代の視機能をモデルとした分光透過特性を再現しています。レンズ中心部分より外周部分の色素濃度をうすくする工夫によって、散瞳時(暗所視時)に多くの光を取り込めるようにし、暗所での視力低下を防ぐことにも配慮しています。
10年以上の使用実績に基づく素材の長期安定性

AQ-Niの素材であるシリコーンは、熱硬化性樹脂でガラス転移温度は摂氏マイナス百度以下と低く、高い耐熱性、および零下から高温下まで広い範囲の温度環境で安定した物理特性を維持する特徴を有しています。
また、キャストモールド製法による3次元の分子構造は架橋密度が高く、分子鎖の絡まりも密なため、グリスニングやホワイトニングが発生しにくいと言われています。臨床においても10年以上の長期間において透明な状態を維持していると報告されています。

製品仕様

販売名 エラストマイド ナチュラル イントラオキュラーレンズ・システム
医療機器承認番号 21800BZZ10094000
モデル名 KS-Ni2
IOL AQ-Ni
光学部材質 紫外線吸収剤含有着色シリコーン共重合体
紫外線吸収剤:ベンゾトリアゾール系
色素:ピラゾール系
支持部材質 ポリイミド
光学部 着色、非球面、バイコンベックス
光学部径 6.0mm
全径 12.5mm
支持部角度 10°
屈折率 1.413
比重 1.03
A定数 119.5
度数範囲 +12.5~+28.5D(0.5Dstep)
形状 [図面]AQ-Ni{光学部径:6.0㎜,全径:12.5㎜,支持部角度:10°}

※原則的に、「超音波眼軸長測定装置(JMDNコード:16330022)」、「眼科用超音波画像診断・眼軸長測定装置(JMDNコード:16330032)」、「超音波式角膜厚さ・眼軸長測定装置(JMDNコード:16330042)」での眼軸長測定を前提にしたものである他、前房深度予測値とともに参考値であり、レンズ度数を厳密に算定する場合には、使用装置や経験等に基づき、独自の数値を算出することが推奨されます。又、「光学式眼内寸法測定装置(JMDNコード:70096000)」を用いて眼軸長を測定する場合のA定数については、当社担当営業にお問合せください。

▲ページトップへ戻る

アクリル製IOL

多様なニーズに対応するために、従来のシリコーン製レンズに加え、アクリル製レンズを搭載したプリセット型IOLを提供しています。改良を加えた最新モデルKS-SPには、当社のテクノロジーを結集したインジェクターを採用。2.4mmの極小フェイコ切開創を拡大することなくレンズの挿入が可能です。

またレンズには、独自の重合技術により緻密なポリマーネットワークを形成したアクリル素材を採用。グリスニングやホワイトニングが起きにくく、長期間にわたって透明性を維持することが期待されています。

アクリロード・プリセットIOLシステム® KS-SP

業界最高水準の2.4mm極小切開対応

KS-SPは、当社最新の2ステップ・インジェクターに、非球面の着色レンズを搭載したアクリロード・プリセットIOLシステム®です。インジェクターは、カートリッジ上に粘弾性物質の注入口を設けて、操作の簡便性と動作の安定性を図った改良タイプです。粘弾性物質を注入したら、あとはロッドを押してレンズを送り込むだけの簡単な操作でお使いいただけます。
KS-SPの最大の特徴は、推奨切開創が2.4㎜と、プリセットIOLシステム®としては最高レベルの極小切開に対応していることです。フェイコチップの切開創を拡大することなくレンズを挿入できます。
ワンピース、非球面・着色IOL

プリセットしている「NS-60YG」は薄めの着色を施した1ピース・アクリル製非球面レンズです。マイルドな非球面設計と薄い黄色着色が、自然な視機能の維持に寄与します。
後嚢へ細胞を侵入させにくくすることを狙って、レンズは全周をシャープエッジ加工しています。さらにエッジにはAsperitic Finishを施して、光の乱反射にともなうグレアなどが発生しにくい工夫をしています。
また、レンズ支持部は、光学部に貼りつきにくくするためにブラスト加工を施しました。
長期間透明性を保つレンズ素材

レンズNS-60YGの素材は、紫外線吸収剤を含有する着色軟質アクリル樹脂を使用。ベース素材のアクリルに、モノマーを含浸させて、再架橋を行うことで未反応モノマーを除去しています。一般的な重合製法で作るアクリル素材に比べると、より緻密なポリマーネットワークを形成しており、長期間にわたって透明性を維持する安定性を高めています。これによりグリスニングやホワイトニングの発生リスク低減が期待できます。

製品仕様

販売名 アクリロードシステムSP
医療機器承認番号 22300BZX00016000
モデル名 KS-SP
IOL NS-60YG
光学部材質 紫外線吸収剤含有着色軟質アクリル樹脂
支持部材質 紫外線吸収剤含有着色軟質アクリル樹脂
光学部径 6.0mm
有効光学径 5.5mm
全径 13.0mm
支持部角度
屈折率 1.52
A定数 119.1
前房深度予測値 5.7mm
度数範囲 +11.0~+27.0D(0.5Dstep)
+27.0~+30.0D(1.0Dstep)
形状 [図面]NS-60YG{光学部径:6.0㎜,全径:13.0㎜,支持部角度:	0°}

※原則的に、原則的に、超音波A-modeでの眼軸長測定を前提にしたものである他、前房深度予測値とともに参考値であり、レンズ度数を厳密に算定する場合には、使用装置や経験等に基づき、独自の数値を算出することが推奨されます。